自己破産とは?クレカの現金化は大丈夫?

HOME » 自己破産と現金化 » 自己破産とは?クレカの現金化は大丈夫?

自己破産とは?クレカの現金化は大丈夫?

自己破産とは、債務超過に陥り返済不能な状態になることを言います。
法的には裁判所に破産申立書を申請した段階で自己破産となり、さらにそこから免責許可をもらうことで借金の返済が免除されます。
注意点としては自己破産をするだけでは、借金の返済が免除されるということはないということです。
大事なのは免責許可であり、この免責を適用するためには裁判所の判断が重要ということになります。

自己破産(免責)は申請して認められると一体どうなるのでしょうか?
他人の金を返さなくなるのですから、借金取りに追われることになるのでしょうか?
結論から言うとそれはありません。
違法な取り立て業者からお金を借りている場合であれば、違法取り立てが行われる可能性がありますが、正規の業者から借り入れしてる場合は、裁判所の免責の判断に従う必要がありますので、今後借金の取り立てはできなくなります。

では、 自己破産した人が、財産を持っていた場合はどうなるのでしょうか?
財産は、裁判所が決めた破産管財人によって債権者に分配されます。
土地や建物などの財産は、売却されそのお金が債権者にまわされる仕組みです。

クレジットカード現金化で債務超過に陥った場合は、自己破産ができるのでしょうか?
基本的にはクレジットカード現金化は、クレジットカード会社から借金したことになりますので、クレジットカード会社が債権を持つことになります。
ですから、過剰な換金行為が裁判所に知られた場合は、免責不許可事由を理由に免責が行われない可能性はありますか、基本的にはクレジットカードの使い過ぎによる債務超過になるので、免責は適用になるかと思われます。
この辺りはケースバイケースです。

大事なのは、クレジットカード現金化で債務超過に陥るような使い方をしないということです。
折角便利なサービスなので、返済計画をしっかり立てて利用するようにしないと、あとで苦しい境遇に陥ることになってしまいます。
今からクレジットカードを現金化しようとしている人は、自分の返済可能額を考えてから利用するようにしましょう。