民事再生とは?クレカの現金化はできる?

HOME » 自己破産と現金化 » 民事再生とは?クレカの現金化はできる?

民事再生とは?クレカの現金化はできる?

今回は、民事再生についての情報を紹介したいと思います。
民事再生とは、裁判所の管理監督の元に、財産を維持したまま債務整理を行う法的手続きのことをいいます。
会社が対象の場合は民事再生といい、個人が対象の場合は個人再生といいます。
民事再生は自己破産と違って、自分の財産をすべて処分して債権者に渡す必要はありません。
そのため、事業を継続しながら財政再建を行うことができ、個人の場合であれば、生活に必要な家や不動産を差し押さえられずに、債務を圧縮して返済を継続することができます。

借金に苦しんでいる人にとっては、救済になる制度なのですが、クレジットカードの現金化でできた債務は民事再生できるのでしょうか?
結論からいうとクレジットカードの現金化でできた債務に対しても、民事再生は可能です。
ただし、生活が困窮していて現金が必要だというようなやむを得ない理由があり、それを裁判所が認める必要があります。
裁判所が最終的な判断を行いますので、ケースバイケースということになります。

民事再生が認められたら、クレジットカードへの返済も圧縮することができます。
民事再生は、自己破産のように免責を受けられるわけではないのですが、生活に支障をきたさない程度の返済額に抑えることができます。
生活も制限されることはありません。
ただし、性質的には破産と変わりありませんので、次から5年間はクレジットカードを作ることができなくなります。
この5年間というのは、信用情報に登録された焦げ付きの情報が消されるのに5年かかるということです。
5年後には、信用情報に破産や民事再生の記録が無くなりますので、また一からやり直すことができます。

このような事態にならないためには、クレジットカードの使用および現金化サービスの利用は計画的にやらなければなりません。
クレジットカード現金化は、クレジットカード会社に借金をするのと同じことなので、返せる金額だけを現金化して、生活が破たんしない程度に利用することが肝心です。
返済ができない金額を現金化してしまうことだけは、絶対にやらないようにしましょう。