任意整理後にクレカの現金化はできる?

HOME » 自己破産と現金化 » 任意整理後にクレカの現金化はできる?

任意整理後にクレカの現金化はできる?

債務超過に陥った時に用いられる救済方法として、任意整理という手段があります。
今回はこの任意整理とクレジットカードの現金化の関係について、詳しく解説していきます。
任意整理とは、債権者との話し合いにより、返済額を調整する方法のことを言います。
裁判所が間に入る調停という手段をとる場合もありますが、大体は債権者と債務者の双方で話し合いが行われることが多いです。

例えば、債務超過に陥った人の借金が500万円あったとして、それを一括で返済するのは不可能であることはもちろんのこと、分割の金額によっては債務者が返済しきれない可能性も出てきます。
その場合、任意整理という形で毎月の返済額を減額して長期的に返していく方法を取るのですが、具体的には、月額の返済金を3万円に抑えて分割して返していくというように、お互いに折り合いがつくようになるまで相談をします。
双方が納得すればそれで決着がつき、納得されなければ今度は裁判という形に発展することもあります。

クレジットカード現金化の場合はどうでしょう?
仮に現金化をやりすぎて返済が滞った場合、クレジットカード現金化業者との話し合いになるのでしょうか?
結論から言うと、クレジットカード現金化業者とは、話し合いをすることはありません。
話し合いをするのはあくまでクレジットカード会社です。

クレジットカードは、返済が遅れると枠を止められてしまいます。
また枠を止められたまま返済がさらに滞ると、解約手続きを取られカードが使えなくなります。
クレジットカード現金化をやりすぎると、そのような事態に陥る可能性があるため、毎月の利用限度額を決めて現金化をすることが肝心です。
万が一クレジットカード現金化で借金が返せない顎まで膨らんでしまった場合、任意整理という手段を用いて、毎月の返済額を減らしていく交渉をしていかなければならなくなります。
そうならないためにも、まずは自分が返せる額を把握して、 クレジットカード現金化を利用することが大事です。