クレジットカード現金化は借金?

HOME » 自己破産と現金化 » クレジットカード現金化は借金?

クレジットカード現金化は借金?

クレジットカード現金化は、のちにクレジットカード会社にお金を返済しないといけない借金になるため、 利用は計画的に行う必要があります。
今回は、そんなクレジットカード現金化と借金についての説明をしていきます。

クレジットカードはなぜ現金化できるのか?というと、クレジットカードのショッピング枠を使ってお金を手に入れるのです。
ショッピング枠を使うというのは、クレジットカードで買い物をするということです。
その買い物をして手に入れた商品を、現金化業者が買い取ってお金が振り込まれるのがクレジットカード現金化の仕組みとなっています。
つまりクレジットカード現金化で手に入れたお金は、クレジットカード会社に対する借金ということになるのです。
借金ということは、借入したお金に対して金利が、毎月かかってしまうことになります。
クレジットカードの借金も、キャッシングと同じく利息が加算されていくわけです。

クレジットカード現金化業者に対する返済等はありませんが、このクレジットカード自体の借金+金利を毎月返済していかなければなりません。
クレジットカード現金化サービスを過度に利用してしまうと、後々大変なことになるので、自分の収入にあった利用方法を考えていく必要があります。

例えば、上限を決めて利用する方法です。
「月5万円までなら、毎月の収入から返済することができる」というのであれば、月5万円までの利用に制限しておくと使い過ぎを防ぐことができます。
上限を決めて利用しないと、人はどんどんと楽な方向に流れてしまうので、過剰にショッピング枠を使うことになってしまうでしょう。
自分の所得にあった現金化可能額を決めておくことが大事です。

クレジットカード現金化は、そのように計画的に利用することで、現金が無い時に非常に助かるサービスです。
キャッシングカードを作らなくても、必要な現金が手に入りますので、まずは無理のない返済計画を立ててから現金化サービスを利用をするといいでしょう。