クレジットカード現金化とは?安全?

HOME » 自己破産と現金化 » クレジットカード現金化とは?安全?

クレジットカード現金化とは?安全?

今回はクレジットカード現金化とは、一体どういうものなのかについて解説していきます。
クレジットカード現金化は安全なのでしょうか?
サービス自体の安全性については、正規の業者を通せば安全と言えます。
しかし、現金化のやりすぎた場合の経済的な安全性に関しては、債務超過のリスクを秘めていると考えていいでしょう。

債務超過とは、自身の返済能力を超えて借金をすることを言います。
例えば毎月10万円の返済ならば問題なく返せるものを、20万円の返済が必要な借金を抱えたとしたらそれは債務超過に陥っていると言える状況です。
クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を用いて現金化を行います。
そのため、現金化した後には、クレジットカードに債務が残ることとなるため、利用者はこれを毎月返済することになります。
つまりクレジットカード現金化をやりすぎると、後の返済に追われることになるわけです。
現金が手元に残ると気持ちが大きくなりますので、利用上限を自分で設けていないとどんどんショッピング枠を使ってしまうことになります。

ただ、クレジットカード現金化のサービス自体は大変便利なものなので、利用できるように業者を選定しておくのは問題ありません。
要は個人の使いすぎが問題なわけです。
人は、どうしても楽な方に流れてしまうという性質があるため、簡単に現金化ができると分かれば、ついつい過度な利用をしてしまいます。
最初は「これくらい返せるだろう」と考えていてもいつの間にかに借金が増えてしまう……。
そうならないよう注意して、サービスを利用しなければなりません。
計画的に利用できれば、これほど便利なサービスはなかなか見つからないでしょう。

まずは自分の所得から、返済に回せる金額を計算しておくことが大事です。
その金額以内であれば、クレジットカードを現金化しても翌月には一括払いで返済ができます。
消費者金融のキャッシングと同じく、クレジットカード現金化も計画的に利用しなければならないということが分かります。