クレジットカードの現金化と裁量免責

HOME » 自己破産と現金化 » クレジットカードの現金化と裁量免責

クレジットカードの現金化と裁量免責

今回はクレジットカード現金化の裁量免責について解説していきます。
クレジットカード現金化で債務超過に陥ってしまった場合、救済方法として考えられるのが自己破産する方法です。
自己破産をすると債務の返済が無くなるという認識を持っている方が多いのですが、自己破産をしただけでは、債務を弁済する義務は無くなりません。
裁判所から免責を受けることで初めて債務の弁済義務が無くなるのです。
つまり、自己破産で債務から救済されるためには、この免責を受けなければならないということになります。

しかし、免責はいかなる場合でも自己破産をすれば、適用になるというものではありません。
免責不許可事由というものに該当してしまうと、自己破産はできても免責は認められないことになってしまいます。
免責不許可事由とは、例えばギャンブルや違法行為を行って債務を背負ってしまった場合のことです。

クレジットカード現金化の場合は、どうでしょう?
クレジットカード現金化はグレーではありますが、現在のところ違法ではないようです。
特に生活に困って換金を依頼せざるをえなくなったなど事情がある場合には、裁量免責という判断を裁判所が行う場合があり、裁量免責になると、債務の弁済は免除されます。

クレジットカードの現金化を過度に行うと、クレジットカード会社への借金が溜まっていくことになりますので、サービスの利用は計画的に行わなければなりません。
一番安全な利用の仕方としては、給料日前にお金が必要になった場合にのみ、クレジットカード現金化を利用することです。
翌月の収入を返済に充てられる範囲内での利用であれば、自己破産をするようなことにはなりません。
余裕資金という考え方を身に着ければ、こういうクレジットカード現金化で自己破産をするような事態には陥りません。

ルールがなければ、人は我慢することができません。
枠があれば、許容範囲を超えてどんどん利用してしまうでしょう。
便利なサービスこそ、誘惑に負けないようルールを明確にして使うことを意識しましょう。