クレジットカードの現金化と自己破産の関係って?

クレジットカード現金化の自己破産リスク

今回は、クレジットカード現金化の自己破産リスクについてお話をします。
クレジットカード現金化は、債務が生じる取引ではありませんので利用者に返済する必要はありません。
しかし、現金化をする時に使ったクレジットカード会社には、現金化した分のお金が債務として残ります。
複数のクレジットカードを、自分の返済能力を超えてたくさん現金化してしまうと、債務不履行(返済不能になること)のリスクが高まります。

▼ 目次

クレジットカード会社の金利は一般のキャッシングと比べて高い?

クレジットカード会社の金利は一般のキャッシングと比べて高いです。
一般のキャッシングは、借入れ金額が大きければ貸付け金利が下がりますが、クレジットカードの金利はそれより高いです。
複数クレジットカードを使って現金化をした場合は、借金の元金の返済に加えて、それらの金利分を返済していかなければならなくなります。
返せなくなってくると、一括返済を求められる場合が、それに応じられないと今度は裁判所を通して給与や財産の差し押さえがされるようになるのが通常の流れです。

それを回避するために自己破産という制度があるのですが、自己破産をしても免責が認められるかどうかは裁判所次第です。
免責とは、借金の返済が免除されるという制度のことを指します。
クレジットカードの用途が生活費のため現金化しなくてはいけなかった場合だと、免責が認められる可能性は高いですが、絶対に免責になるかどうかはケースバイケースでしょう。

また、仮に自己破産が認められて免責になったとしても、今所有している財産はすべて差し押さえられてしまい、5年間は借り入れができなくなります。
ちなみに自己破産をすると旅行ができなくなるというウワサがあるのですが、それは間違いで、自己破産破産と免責の手続きを行っている時には、確かに制限がかかりますが、手続きが終わった後まで旅行できなくなるという決まりはありません。

話は変わりますが、クレジットカードを返済不能になったからといって、本当に自己破産すべき債務額なのでしょうか?
自己破産をすると、自分の財産は、生活に必要なものと現金20万円以外は、すべて取られてしまいます。
果たしてそうなるべきの債務額なのかを、考えることが大事です。

クレジットカード現金化でクレジットのショッピング枠の債務が大きくなり、返済に不能になったとしても、クレジットカードを解約して、返せる金額での分割返済に応じてくれる場合もあります。
信用情報のブラックリストに載ることはしょうがないですが、差し押さえなどの財産処分を行わずに、債務を返済していくこともできるわけです。
また、個人再生という、法的手続き手段もあります。
一番いい方法は、クレジットカード会社と相談の上少しずつ返済していくのが一番無難なやり方だと思います。
少しずつでも返せるあてがある内は、向こうも無理はいってきません。
返済不能に陥った時は、自己破産よりもまず、自分で返済額を相談することからやってみましょう。

クレジットカード会社からの連絡や督促を無視は絶対しないように

一番ダメなのは、クレジットカード会社からの連絡や督促を無視するという行為です。
これをやってしまうと、一括返済を要求されることになり、裁判まで発展してしまいます。
クレジットカード会社から督促の電話がかかってきたら、逃げずにきちんと対応することが大事です。
そうすれば、そんなに大きな問題には発展しません。
向こうも少しずつ返済してもらった方が、金利分儲かるからです。

クレジットカード現金化はとても便利なサービスですが、このような債務超過に陥ってしまうリスクを知っておく必要がります。
目の前にある自分で稼いできた現金は大事に使うのが人間なのですが、現金が目の前に無いクレジットカードはついつい使ってしまいます。
そこが怖いところです。
特に還元率の高いクレジットカード現金化は、ショッピング枠しか作れない人にとって、利用しやすいサービスです。
自己破産に陥らないよう、気をつけてサービスを利用することが肝心かと思われます。

メリットとデメリットの両方が考えられる自己破産ですが、そこまで追い込まれないようにするためには、返せる範囲内で現金化サービスを利用することが大事でしょう。
クレジットカードのショッピング枠は作りやすいため、手軽に現金化できるとついつい使い過ぎてしまいます。
そうならないよう、まずは自分の所得額と向き合い、いくらまでならクレジットカードを使用しても大丈夫か?を把握しておくことが大事です。
例えば、「月の収入の10%までならクレジットカードの現金化を利用しても大丈夫」といったように、使える金額を決めておくことです。

まとめ

その基準を超えてしまうと、使い過ぎているということが一目瞭然になるので、自分で管理がしやすくなります。
簡単なことのようで、こういうお金の管理というものは、ほとんどの人が実践できません。
なぜなら「衝動」があるからです。
簡単に現金を手に入れられるクレジットカード現金化ですが、その「衝動」に気をつけて安全に利用するようにしましょう。